ピロリ菌

当院では、胃がん発生にも関わっているとされるヘリコバクター・ピロリ菌感染の有無を調べる検査や、除菌治療を行っています。

ヘリコバクター・ピロリ菌(ピロリ菌)について

ヘリコバクター・ピロリ菌(ピロリ菌)についてピロリ菌は、強い酸性の胃酸にさらされる環境でも生存できる細菌で、胃や十二指腸の潰瘍など消化器疾患の原因だとされています。また、近年になって、免疫や皮膚に関する疾患にも関与しているという報告もされています。2014年には、全世界の胃がんの約8割がピロリ菌感染を原因としているという報告書が世界保健機関(WHO)の専門組織「国際がん研究機関」から出されました。日本でも、慢性胃炎の方のピロリ菌検査と除菌治療は、平成25年2月より保険適用になっています。
多くは幼児期に感染するとされているため、両親が胃や十二指腸の潰瘍、胃がんだった場合、高率でピロリ菌を持っていると考えられます。感染していた場合、子どもを持つ前に除菌治療を受ければ、次世代にピロリ菌感染を伝えるリスクはほとんどなくなります。除菌治療はご本人の胃がんリスクを下げるだけでなく、次世代に向けた胃がん予防ワクチンのような働きもあると言えます。

ヘリコバクター・ピロリ菌の検査方法

当院では3種類の検査を行っており、確定診断できる内視鏡検査をおすすめしています。

迅速ウレアーゼ法

胃内視鏡検査の際に組織を採取し、感染の有無を調べます。

鏡顕法

胃内視鏡検査の際に採取した組織を染色し、顕微鏡で感染の有無を調べます。

抗体法・抗原法

血液や尿の抗体や、便に含まれる抗原を測定します。

ヘリコバクター・ピロリ菌専門外来

ヘリコバクター・ピロリ菌専門外来当院では内視鏡検査時に、ピロリ菌の感染検査も同時に行えます。
感染が確認されたら、除菌治療を受けることができます。
※平成25年2月に保険診療の適用拡大が行われたことで、ピロリ菌の検査や除菌治療に関しても、保健診療の対象となる条件変更がありました。以前は保険診療で治療を受けられなかった方でも、受けられるケースがありますのでご確認ください。

保険適応条件

  • 内視鏡検査またはバリウム検査にて、胃潰瘍または十二指腸潰瘍の確定診断がなされた方
  • 胃MALTリンパ腫の方
  • 特発性血小板減少性紫斑病の方
  • 早期胃がんに対する内視鏡的治療後の方
  • 内視鏡検査において慢性胃炎の確定診断がなされた方

自費診療となる例

胃内視鏡検査を希望されない場合には自費にてピロリ菌感染診断をすることは可能ですが、、すでに胃がんが発生している可能性もあります。そのため、胃内視鏡検査をおすすめしています。

除菌治療の流れ

Step1

1週間、抗生剤2種類と胃潰瘍治療剤(PPI)を服用します。

副作用

下痢などの消化器症状、味覚異常または発疹を起こすことがあります。症状が強い場合には、薬を飲むことを中止し、当院までご連絡ください。

Step2

1回目の除菌治療が成功する確率は、70~80%であり、除菌が成功したかどうかは服薬終了から半年後の血液検査でわかります。除菌が成功していたら除菌治療は終了です。

2回目の除菌治療

1回目の除菌治療と2回目の除菌治療を合わせた成功率は97~98%です。2回の除菌治療で、ほとんどの方が除菌に成功します。

Step3

1回目の除菌治療が失敗し、2回目の除菌治療をご希望される場合、2回目の除菌治療を行います。薬剤を変更して行い、抗生剤のクラリスロマイシンをメトロニダゾールに変えて服用します。服用期間は1回目と同様、1週間です。

Step4

判定検査も1回目同様、服用終了した約半年後以降です。

口コミを見る口コミを書く