大腸カメラ

大腸カメラ(大腸内視鏡検査/下部消化管器内視鏡検査)

大腸カメラ(大腸内視鏡検査/下部消化管器内視鏡検査)直接直腸と結腸の粘膜を確認できる検査で、肛門から1㎝程度の細いスコープを挿入して観察します。また、検査中に病変が発見された場合、組織を採取して生検し、確定診断が可能です。

大腸がん予防のために

大腸がん予防のために大腸がんは日本で現在、増え続けています。大腸がんは大腸ポリープから発症することがほとんどですから、ポリープの段階で発見し、切除してしまえば大腸がんの予防につながります。早期発見が重要ですので、定期的に大腸内視鏡検査を受けていただくことで、大腸がんになるリスクを大幅に下げられます。また、大腸がんは、早期に発見して適切な治療を受ければ日常生活にほとんど影響を与えずに完治することも可能な病気ですので、定期的な大腸内視鏡検査はとても重要なのです。

他の検査との違い

便潜血検査が一般的には行われていますが、便に血液が混ざっていない陰性だったとしても大腸がんや大腸ポリープができていることはよくあります。逆に、出血が認められる陽性でも、他の病気である可能性があります。
大腸内視鏡検査は大腸がんや大腸ポリープを早期発見して確定診断が可能な唯一の検査です。

40歳になったら大腸カメラを

大腸ポリープや早期大腸がんは自覚症状がありません。そのため発症リスクが高まる40歳になりましたら内視鏡検査を受けることをおすすめしています。また、家族(祖父母、両親、兄弟姉妹など2親等以内の親族)が大腸がんである場合、リスクが高いため、それより早めに検査をお受けください。

大腸内視鏡検査でわかる病気

大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸憩室症、虚血性大腸炎、薬剤起因性大腸炎、感染性腸炎のほか、痔など

当院の特徴

早期発見と、正確な診断のために最新のシステムを導入

的確で緻密な観察と診断のために、内視鏡で世界シェアトップを誇るオリンパス社の最新鋭機種を導入しています。また、画像を素早く正確に観察できるよう、デジタルハイビジョン内視鏡とデジタルハイビジョンモニターを使用しています。

 

 

不快感のない検査を鎮静剤で実現

年齢や体格、体調、普段飲まれているお薬などを慎重に見極めて適量の鎮静剤を投与することで、ウトウト眠っているような状態で検査を受けていただけます。安全面に十分考慮しながら、楽に検査を受けていただくことで、気軽に内視鏡検査を受けていただけます。ほとんどの方が眠っていて知らない間に検査が終わっていたとおっしゃいます。

大腸内視鏡検査の流れ

ご予約

ご来院にて予約を承っております。
お電話での予約も可能ですが、仮予約となるため、検査前々日までにご来院いただき、術前検査(腹部X線写真、採血)を施行し、検査のご説明をいたします。

検査前日

基本的に検査食、または医師から指示された内容の食事を召し上がってください。
前日は、夜の21時までに食事を済ませ、以降は何も食べないでください。
それ以降は絶食となりますが、水分(お水、またはお茶)は摂取していただいても大丈夫です。

検査当日

自宅で下剤を飲み、指定された時間にご来院ください。
下剤内服中、腹痛や嘔吐が起こったり、便がきれいにならない場合には、すぐに当院までご連絡ください。
鎮静剤を使用しますので、車、バイク、自転車などを運転されての来院は控えてください。

検査準備

検査着に着替え、お尻に穴の開いた下着を着用します。

検査

鎮静剤を使用する場合は注射して、ウトウトしている間に検査を受けられるようにします。
検査自体の所要時間時間は、15分程度が目安です。

ご説明

検査の画像をご覧いただきながら、医師が結果をご説明します。鎮静剤を使用した場合は、検査が終了してから1時間ほどリカバリールームでお休みいただき、その後のご説明となります。

検査費用

当日の診察・検査内容により異なります。詳しくはお問い合わせください。

口コミを見る口コミを書く